ぷろふぃーる

ブログ

みなさま、ごきげんうるわしゅう、、みぃちゃでございますっ

このブログではみぃちゃの同年代の中では比較的に豊富な経験を活かし、読んでくださる方の心を軽くできるようなメッセージ、経験談、商品のご紹介、日々の小話などしていきたいと思っております✨

暇つぶし程度に読んでいただいて、気になるようなものがあればポチっとクリックしてもらえると幸いです😊

プロフィール

生年月日:1992.03.12

血液型:A型

職歴:交通整備、産業廃棄物処理、運送事務、キャバ嬢【8年間

学生時代の部活:中学・高校ともに剣道部主将【部長

配偶者:キャバクラのお客様だったひぃちゃ

子供たち:長女2012年生まれ【普通分娩】、次女2022年生まれ【帝王切開】、長男2023年生まれ【帝王切開次女と同じ日に誕生!!

みぃちゃの生い立ち

みぃちゃは幼いころ両親が借金地獄で極貧生活をしておりました。 どの程度の生活かと申しますと、電気やガスが止められるのは日常茶飯事。学校の給食費も払えず、学校では「忘れました」の一点張り。ご飯もまともに食べられず、一日一個ご近所さんからいただいたトマトを食べたり、白米に水をかけて食べるようなこともあったほどでした。

母も変わった人で、炊事が一切できず、お米を洗剤で洗ったり、玉ねぎやたけのこが原型を留めないほど剥いてしまったり【どこまで剝けばいいのか分からなかったそうな、、】ご飯を炊くとき普通に食べる程度の3人家族なのに一升炊いていたりしてよく父に叱られていました。

さらにはみぃちゃへ依存しすぎて小学3~5年生までの間家から出してもらえず、その間ずっと不登校でしたし、ギャンブルへの依存も激しく、両親の借金はギャンブルによるものでした。

そんな母だったので父も不満が爆発し、数カ月家に帰ってこないこともありましたし、顔を合わせると喧嘩ばかりしている両親でした。

高校生になったころ、いよいよ両親は離婚することになり、本当は父についていきたかったのですが、母に「お父さんはあんたを育てる気ないらしいよ」と言われ、父もやっと母から解放されて自由になるのにみぃちゃが邪魔をしてはいけないと思い、母についていくこととなりました。

母は愛情に飢えた人で、恋人が絶えることはなく、母の性格に気づくと母の恋人の方はすぐに離れていきました。

その後また新しい恋人ができ、その方と母は付き合って1カ月たたないうちに再婚することに。みぃちゃはその方の養女となりました。

ところがそのみぃちゃの新しい父となった方は再婚一カ月で失踪、、【今でもたった一カ月しかいなかったその父が戸籍上の父となっております、、】

みぃちゃも高校生になると恋人ができました。ところがそのころには母の束縛がより一層激しくなっており、相手の方のご家庭にみぃちゃと別れるよう電話したりしていたので、「みぃちゃのことは好きだけど、お前の母さんは無理だわ」とお別れを切り出されてしまうことが多々ありました。

その後高校も中退し、母と同じ職場【交通整備や産業廃棄物処理、運送事務】で働いておりましたが、一生懸命稼いだお金はすべて家の滞納した家賃、光熱費代に吸われていく生活を送っていたので早く独り立ちしたいと思い、周りの大人に相談したものの、外面のいい母なので誰にも信じてはもらえず「あまりお母さんに苦労を掛けてはだめだよ」と言われておりました。

心はすっかり荒れ果て、もう誰のことも信じることができなかったころ、18歳年上の男性とお付き合いをすることとなり、母との生活の相談をしてみると、「お前の母ちゃんと縁を切る覚悟があるのなら連れ出してやる」と言われ、一刻も早く抜け出したかったみぃちゃは母と絶縁する覚悟をいたしました。

みぃちゃはその男性との間に子供を授かり、結婚することになったのですが、その男性もなかなか癖の強い方でした。

前科歴があり、借金を踏み倒し、金融機関からも携帯会社からもブラックリストに載り、仕事も続かず、あおり運転常習犯といったような、、

みぃちゃが臨月なのに仕事を辞めてきたときには愕然としましたが、母のもとから助け出してくれた恩があるからとぐっとこらえる日々でした。

20歳となり、長女を出産すると、旦那から「お前も20歳になったことやし、生活苦しいから金借りろ」と言われ、言われるがまま20歳となると同時に借金を背負うことに、、

そして産後数カ月たったころ、生活を安定させるためみぃちゃはキャバクラで働くこととなりました。

自分で言うのもあれですが、みぃちゃは根が真面目で、嘘もつけないタイプだったので夢を売るお仕事とは縁遠く、苦痛なこともありましたが、やるからにはプロとしてお客様を楽しませられるようにと毎日研究して精進しておりました。

最初一年は一切お客様からご指名いただけることはなく、苦しい日々でしたが、2年目から自分にしかできない心配りでお客様の心をつかめるようになっていきました。

24歳のころ、警察から連絡があり、母が亡くなったことを聞かされました。

春を目前とした2月、暖房の効いた部屋で自死し、腐敗が進み、変死だったようです。

みぃちゃは悲しむ間もなく家族のために働き続けました。

みぃちゃのいろいろな事情をお話したお客様が旦那を好待遇で雇ってくださっていたので生活も少し潤い、安心していたのもつかの間、旦那が気に入らない同僚を金槌振り回しながら追いかけまわしたと本人から聞きました。

みぃちゃより18歳も年上で、長いこと一緒にいても何も変わらない旦那に愛想をつかし、そんな旦那のために頑張っている自分がばかばかしく思い別れることに。

そしてみぃちゃは2つ年下のお客様と恋に堕ちました。

一年もたたず結婚し、その年に8年勤務したキャバ嬢を卒業。

数か月後その再婚相手との赤ちゃんを授かりましたが、心臓を動かしているところを見ることも叶わず稽留流産。

さらに数か月後また授かりますが、またもや育たず稽留流産、、

せっかく宿ってくれてもいなくなってしまうことがつらくて苦しかったけど、またお腹に宿ってくれた赤ちゃん。

妊娠後期を過ぎてもずっと逆子で、そのまま帝王切開にて次女を出産いたしました。

10年ぶりの子育てで悪戦苦闘していましたが、少し慣れ始めた産後半年ごろ、またもや赤ちゃんを授かりました。

時期的に次女と同じくらいに生まれるなとは思っておりましたが、なんと本当に同じ誕生日に帝王切開にて出産することに!!

過去に沢山いろんな経験をしてきたみぃちゃですが、今は再婚相手の旦那様【ひぃちゃ】、連れ子の長女、逆子帝王切開で産んだ次女、次女と同じ日に生まれた長男と幸せに暮らすことができております。

最後に、、

様々な経験をしてきたからこそみなさまの気持ちに寄り添うことができることもあると思います。今苦しんでいらっしゃる方の心がこのブログを読んで少しでも軽くなるよう精進してまいりますので末永くお付き合いいただけると嬉しいですっ😊💕

タイトルとURLをコピーしました